マイホームの購入Q&A・トップページ >  住宅取得の適齢期って?

住宅取得の適齢期って?

人生の中で結婚、子供の教育費、子供の結婚、自分たちの老後、時には親の介護費用など節目節目に大きな出費が必要となってきます。蓄えが必要です。マイホームを取得するためには先ほど述べた節目出費の負担の少ない時期を選ばなくてはなりません

定年までに住宅ローンを払い終え、退職金は老後の生活資金として残し、老後の生活をゆとり、ゆとりとまで行かなくても生活資金に困らないようにしなくてはなりません。年々公的年金が減額され、おまけに増税されてド手取金額がずいぶんすくなくなり、年金以外のたくわえが欠かせないものとなってきています。最近の住宅ローンは30年から35年と長くなっています。

定年が今は60歳、徐々に65歳となる傾向です。定年までにローンの支払いを終えようとすれば30歳半ばまでに住宅を取得したいですね。30歳代といえば結婚して子供が義務教育期間で大きな出費のない時期ですね。また統計的にも30歳代での持ち家の比率が50%と出ています。住宅取得の適齢期は30歳代ということになりますね。

マイホームの計画

関連エントリー

・賃貸住宅?持ち家?
・住宅取得の適齢期って?
・住宅ローン(住宅関連費)
・年間返済額を基準に
・購入決定から申し込み
・契約から入居まで
・住む場所をきめよう
・住む場所の候補地探し
・情報は積極的に収集
・モデルルーム・住宅展示場を体感
・オープンハウス・現地見学会を体感
・一戸建てそれともマンション?
・注文住宅と建売住宅
・新築住宅と中古住宅
・間取りはどうする?
・周辺環境のチェック
・我が家の資産価値は
・マイホーム購入のポイント
・住まいの性能のポイント
・土地取得のポイント
・注文住宅を建てる時は?
・家を買うなら・・・。
・私のお気に入りにの部屋

かわいいのをお探しならアメリカのキャラクターフィギュア置物通販|輸入SHOPを見てください。


マイホームの計画

マイホームの購入

マンションの購入

マイホームの資金計画

家具について

リンク集

サイトについて