マイホームの購入Q&A・トップページ >  新築住宅と中古住宅

新築住宅と中古住宅

一般的には全てが新しいので中古よりも新築住宅が好まれます。
新築住宅は間取り、設備などにある程度の制約がありますが、希望に近づけることができます。ローンが長く組めます。住宅ローン控除がなどの特点があります。住宅が新しいので維持費が少なくて済む。住宅のトラブルが少ない。何よりも新しい建物に入居という満足感が得られます。欠点は新築一戸建てとなるとか価格が高くなるの街中での購入は難しく、利便性には少々かける郊外での購入となる場合が多いようです。

中古住宅は新築住宅に比べると価格は安くなります。土地を購入するつもりで安い中古住宅を購入し、資金がたまったら建て替えが自由に出来ます。価格が安いので便利な、自分たちの希望の場所を選び購入できます。住宅が古くなっているので維持費にお金がかかります。すぐからメンテナンスの必要も出てきます。 購入するとき不動産業者に仲介手数料がかかります。ローンが新築と比べると長く組めません。

マイホームの計画

関連エントリー

・賃貸住宅?持ち家?
・住宅取得の適齢期って?
・住宅ローン(住宅関連費)
・年間返済額を基準に
・購入決定から申し込み
・契約から入居まで
・住む場所をきめよう
・住む場所の候補地探し
・情報は積極的に収集
・モデルルーム・住宅展示場を体感
・オープンハウス・現地見学会を体感
・一戸建てそれともマンション?
・注文住宅と建売住宅
・新築住宅と中古住宅
・間取りはどうする?
・周辺環境のチェック
・我が家の資産価値は
・マイホーム購入のポイント
・住まいの性能のポイント
・土地取得のポイント
・注文住宅を建てる時は?
・家を買うなら・・・。
・私のお気に入りにの部屋


マイホームの計画

マイホームの購入

マンションの購入

マイホームの資金計画

家具について

リンク集

サイトについて