マイホームの購入Q&A・トップページ >  マイホーム購入のポイント

マイホーム購入のポイント

マイホームは大切な資産です。土地買ったが家を建てることが出来ない。ローンを組もうと計画したら、違法建築といわれ融資が受けられない。そんな色々なトラブルに巻き込まれないように最低限度の不動産に関する法律を身に付けておくことが大切です。

住宅建築可能地域を知ることも大切です。
土地は都市計画区域と都市計画区域外に分けられます。マイホームを建てる土地はまず都市計画域の市街化区域となります。市街化区域はさらに 用途により 住宅、商業、工業などの地域に分かれています。その中の住宅用地地域がマイホームを建てる区域といえます。

土地を購入しました。土地一杯に大きな家を建てたいと思います。しかし法律で建ぺい率・容積率が決められています。建ぺい率とは敷地面積に対する建築面積の割合です。容積率とは敷地面面積に対する建物の塚面積の割合です。この建ぺい率と容積率は自治体により決めれています。また用途地域により違ってきます。

建ぺい率・様容積率と共に建物の高さにも制限があります。高さに対する制限も用途地域・敷地面積・道路の幅・建物の向きにより違っています。

建築物は敷地・道路により規制があります。
様々な不動産広告が目に付きます。その広告の表示が法律に基ついた正しいものであるかを見極める目をもちましょう。不動産業者の免許登録番号・業者の加入団体名は確認します。この表示があればまず信頼できる不動産業者といえます。
さらに不動産業者のチェックをしましょう。宅地取引主任者が常駐していること。名義貸しだけではないのか。営業マンの態度・応対がしっかりしていること。取引の実績が多い業者であること。アフターサービスが充実していることなど広告に偽りが無いかをチェックしましょう。

不動産広告に表示されている図面の決まり・記号の意味をしっかり理解し覚えおくことも大切です。

マイホームの計画

関連エントリー

・賃貸住宅?持ち家?
・住宅取得の適齢期って?
・住宅ローン(住宅関連費)
・年間返済額を基準に
・購入決定から申し込み
・契約から入居まで
・住む場所をきめよう
・住む場所の候補地探し
・情報は積極的に収集
・モデルルーム・住宅展示場を体感
・オープンハウス・現地見学会を体感
・一戸建てそれともマンション?
・注文住宅と建売住宅
・新築住宅と中古住宅
・間取りはどうする?
・周辺環境のチェック
・我が家の資産価値は
・マイホーム購入のポイント
・住まいの性能のポイント
・土地取得のポイント
・注文住宅を建てる時は?
・家を買うなら・・・。
・私のお気に入りにの部屋


マイホームの計画

マイホームの購入

マンションの購入

マイホームの資金計画

家具について

リンク集

サイトについて