マイホームの購入Q&A・トップページ >  年間返済額を基準に

年間返済額を基準に

返済額の年収(税込み)に対する比率を返済比率といいます。又は返済負担率とも言います。
金融機関では年収別に返済比率の上限が決きめられています。20%〜35%位と決められてす。その上限を収入基準と呼び融資金額目安額が決められています。公的機関でも一般の金融機関と同じく返済比率が決められています。公的機関での返済比率は月収の20%〜25%が上限と決められています。

また物件の価格により何%まで融資が出来るという基準もあります。 一般的には新築住宅の場合、購入価格の80%が上限となっています。最近は頭金ナシで住宅が手に入れられるようです。融資100%で住宅が自分のものになります。出来たら住宅購入金額の20%くらいの頭金は準備しておきたいものです。結婚と同時に住宅を購入という時、住宅完成までどちらかの両親の家に間借りをするか、それぞれの家にすみます。考え方によっては住宅取得までに住むための住宅の賃貸料金を支払う金額を考えると頭金ナシで住宅購入を考える余地は十分にあります。

マイホームの計画

関連エントリー

・賃貸住宅?持ち家?
・住宅取得の適齢期って?
・住宅ローン(住宅関連費)
・年間返済額を基準に
・購入決定から申し込み
・契約から入居まで
・住む場所をきめよう
・住む場所の候補地探し
・情報は積極的に収集
・モデルルーム・住宅展示場を体感
・オープンハウス・現地見学会を体感
・一戸建てそれともマンション?
・注文住宅と建売住宅
・新築住宅と中古住宅
・間取りはどうする?
・周辺環境のチェック
・我が家の資産価値は
・マイホーム購入のポイント
・住まいの性能のポイント
・土地取得のポイント
・注文住宅を建てる時は?
・家を買うなら・・・。
・私のお気に入りにの部屋


マイホームの計画

マイホームの購入

マンションの購入

マイホームの資金計画

家具について

リンク集

サイトについて