マイホームの購入Q&A・トップページ >  中古住宅の購入

中古住宅の購入

立地条件の良いところで新築住宅は高額となりなかなか購入できません。
中古住宅だと価格が割安です。住みたい土地で希望のものが探せます。実際に住んでいた住宅なので建物の良し悪しがすぐ分かります。小さい子供がいる場合、新築住宅だと汚れしはしないか、傷はつけないか心配ですが、もうすでに傷もついているので子供をのびのびと育てられます。取得後すぐにすめます。しかし住んでいた家を売り払うというのには理由があります。

転勤、家が狭くなったから買い替えるなどの理由なら問題ないです。これから生活していく上で大切な近所付き合いで問題がある・家そのものに欠陥がある場合。周辺環境に問題がある場合は要注意です。中古住宅の構造面でのチェック、間取り・設備、敷地・周辺環境、違反建築ではないかなどを充分に調べることが大切です。構造上のチェックは専門家に依頼してみていただきましょう。

経費はかかりますが安心ですので、よく調べた上で取得しましょう。中古住宅は築後20年経過しているものは建物そのものに評価価値はなく土地の代金だけで購入できます。

マイホームの購入

関連エントリー

・建売住宅の購入
・建築条件付住宅の購入
・建売住宅の業者選び
・中古住宅の購入
・今の家をリフォーム
・中古住宅はトラブルが多い
・マイホーム取得に関しての注意点
・マイホームの売却のポイント


マイホームの計画

マイホームの購入

マンションの購入

マイホームの資金計画

家具について

リンク集

サイトについて