マイホームの購入Q&A・トップページ >  今の家をリフォーム

今の家をリフォーム

今済んでいる住宅が構造面で問題がなければ、リフォームの依頼をして、計画し見積もりしてもらって予算内で出来ればリフォームすればより快適な住みよい住まいが手に入ります。リフォームの予算がオーバーするときは、内容を変更、予算を上乗せする、他の物件を探すなど再検討します。

最後は建て替えです。築後20年以上経っていて資産価値のない建物の場合、取り壊し代金はかかりますが、建物を取り壊し新しく家を建てることも考えましょう。希望の土地に自分たち思いどうりのが建てられます。

10年後に必ずやるべき外壁塗装の塗り替えリフォーム

10年過ぎたら必ずやらなくてはいけないリフォームのひとつとして屋根塗装や外壁塗装が挙げられます。現在は防水塗料の耐久性自体はあがってはいますが、それでもヘタにケチると住宅自体に大きなダメージを与えることになるので、10年経ったら迷わず業者に相談することをおすすめします。「外壁塗装業者の見積もりの仕方ガイド」をみれば、はじめてする方にも分かりやすいです。

マイホームの購入

関連エントリー

・建売住宅の購入
・建築条件付住宅の購入
・建売住宅の業者選び
・中古住宅の購入
・今の家をリフォーム
・中古住宅はトラブルが多い
・マイホーム取得に関しての注意点
・マイホームの売却のポイント


マイホームの計画

マイホームの購入

マンションの購入

マイホームの資金計画

家具について

リンク集

サイトについて