マイホームの購入Q&A・トップページ >  中古住宅はトラブルが多い

中古住宅はトラブルが多い

トラブルを避けるためにも契約は焦らず、建物・敷地・権利関係・契約内容・支払いについて・その後 の引越しについて・保障についてなど念入りにチェックが必要です。

一見外部を見渡しただけではわからない欠陥がでてくる場合があります。この場合は引越しから2月以内であれ通常は無料で直してくれます。が築後年数がかなり経っている物件の場合は「引渡し後の不都合については一切責任は負わないと」といって取り合ってくれない場合もありますので売り主との間に不動産業者に入っていただいて納得いくまで話し合ましょう。契約事項に取り入れていただいておきましょう。トラベルを避けるためにも。

中古住宅の場合どこまでが付帯設備なのかどこまでの設備が価格に含まれているのか不動産業者にリストと作っていただきチェックし、必要ないものは取り除いていただきましょう。時には使えないものをそのまま付帯設備としてリストの入っている場合があります。入居してしまったらその後の撤去費用が買い主の負担となってきます。

マイホームの購入

関連エントリー

・建売住宅の購入
・建築条件付住宅の購入
・建売住宅の業者選び
・中古住宅の購入
・今の家をリフォーム
・中古住宅はトラブルが多い
・マイホーム取得に関しての注意点
・マイホームの売却のポイント


マイホームの計画

マイホームの購入

マンションの購入

マイホームの資金計画

家具について

リンク集

サイトについて